MENU

福祉の介護系の仕事

福祉の介護系の仕事といっても色々とありますが、病院や福祉施設の介護系の仕事があります。ケアワーカーやケアスタッフと呼ばれている人、介護職員や介助員と呼ばれている人が福祉の介護系の仕事にあたっている人ですが、職場は、高齢者福祉施設をはじめとする社会福祉施設、そして老人保健施設や病院などが多いです。食事や入浴などの介助はもちろんのこと、日常生活のほとんどを援助するのが仕事です。そして介護系の福祉の仕事としては、訪問介護員といわれる、よく聞くところのホームヘルパーの資格もあります。ホームヘルパーは在宅のお年寄りの家を訪問してサービスを行うという仕事です。

 

介護サービスを行うために家を訪問するのですが、毎日の身の回りのお世話はもちろんのこと入浴や排せつなどの仕事も行っていきます。福祉の介護系の仕事といえばこの二つの仕事が主な福祉系の介護系の仕事ですが、これから高齢化社会がどんどん進むといわれていますから、介護を必要な人は増えると予想されています。そうなると福祉系の仕事の中でも介護系の仕事のニーズは今以上にもっとニーズが高くなると見込まれていると思いますので、資格を取得して働く場合には需要が高いといえるのではないでしょうか。

福祉・介護系のノーマライゼーション

福祉・介護系の用語の一つにノーマライゼーションと呼ばれる言葉があります。ノーマライゼーションというのは、一体どういうことなのかというと、障害を持っている人も、障害を持っていない人も、お年寄りも赤ちゃんも、すべてのこの地球上で生活している人が、住みやすい地域社会を維持していって、同じ地域で住んでいる一人として尊重しあいながら一緒に生きていくことをノーマライゼーションと呼んでいます。この福祉・介護系用語のノーマライゼーションというのは、障害者と健常者の差をなくしてだれもが平等に生活できるようにと考えられた言葉ですが、最近では福祉・介護系養護としてノーマライゼーションを取り入れているところもあります。誰でも平等に当たり前に生活をしていける環境を福祉・介護系のサービスを行う上で大切な理念としてノーマライゼーションは大切なことです。

 

バリアフリーという言葉が同じように最近では福祉・介護系の言葉として用いられていますが、バリアフリーの場合には目に見える建物や障害に対して使われますが、ノーマライゼーションの場合には、物理的なもの以外にも、精神的や社会的なことに関しても平等に一緒に生活していけることを意味しています。

福祉・介護系のバリアフリー

福祉・介護系の言葉の一つに、最近よく聞くのが、バリアフリーという言葉があると思いますがこの福祉・介護系のバリアフリーというのは一体どういうことなのでしょうか。福祉・介護系のバリアフリーと呼ばれるこの言葉は、英語です。バリアというのは英語で邪魔なものという意味があり、そしてフリーという言葉は無いということを意味しています。バリアフリーはですから簡単にいえば、福祉・介護系の言葉で邪魔をなくすという意味があることになります。バリアフリーや体が不自由な人やお年寄りによって邪魔なものをなくすという意味で福祉・介護系の言葉の一つとして使われています。

 

今、いろいろな施設で段差などをなくして、体が不自由な人やお年寄りが動きやすいようにと考えられた設計になってバリアフリーを実行している施設は増えています。施設にかかわらず福祉・介護系のバリアフリーは、住宅などにも利用されています。住宅も段差をなくして、家の出っ張った部分を一切なくした設計になっている福祉・介護系のことを考えたバリアフリー住宅がいま主流になっています。福祉・介護系のバリアフリーは、安全に、便利に安全に過ごせるようにいろいろと考えられています。